八王子・北澤、7回で奪三振13、被安打1の0封で和光を破る

 八王子はノーシードながら、優勝候補に挙げられる強豪。和光は登録部員10人。力の差はあり、7回コールドになったものの、和光の健闘が光る一戦でもあった。

 八王子の先発は、エースの左腕・北澤 壮汰。「初戦は北澤で行こうと決めていました。フォアボールを出さないし、キチキチと投げてくれますから」と安藤徳明監督は言う。その期待通り、北澤の投球は圧巻だった。

 1回表を奪三振2の三者凡退に抑えたのを皮切りに、4回表は三者三振。1人の走者も出さない完璧な内容。5回表、和光の4番・藤原光希による、北澤の頭を超えて二遊間に転がった打球が内野安打になったのが、北澤が出した唯一の走者。「ジャンプをするタイミングを間違えました」と試合後北澤は少し悔しがった。

 藤原も二盗に失敗し、三振ゲッツーになったので、全ての回を3人で抑えた。結局7回投げて奪三振13。安打は藤原の1本だけの無失点であった。「今日はストレート主体で投げました。まだ明らかなボールが何球かあったことが反省点です」と北澤は語る。

 一方攻撃面では1回裏八王子の1番・松野海舟が右中間を破る二塁打で出塁すると、2番・黒田 将希は内野安打、3番・高橋 優介は死球で無死満塁となったが、5番・山根 響の遊ゴロの間の1点にとどまった。

 和光の先発・小山立樹は球威があるわけではないが、八王子の強力打線を怖がらず、粘り強く投げた。

 2回裏も1点止まり。3回裏は走者を出したものの、無失点に抑えた。

 4回裏は一死二塁から北澤がライト線の三塁打を放ち1点。続く1番・松野も二塁打を放ちさらに1点。松野は3番・高橋の右犠飛などで生還し、この回3点を入れた。

 6回裏は右前安打の1番・松野が、牽制が暴投になる間に三塁まで進み、3番・高橋の二ゴロで生還した。

 辛抱強い投球を続けていた小山であるが、この辺りになると疲労も出てきたのか、6回の牽制暴投に続き、7回裏は、連続四球に暴投で二、三塁とし、代打・森田将矢の中前安打で1点を失い7対0、八王子の7回コールドが成立した。

 和光は、最後はコールドで敗れたものの、強豪相手に臆せず戦う姿は印象的であった。3年生が抜けると秋、春は連合チームということになるだろうが、今後につなげてほしい敗戦であった。

 勝った八王子は、ノーシードである以上、厳しい戦いが続くことは覚悟の上。この試合では投げていない武内 寛斗などもおり、戦力は充実している。今後の戦いを注目したい。

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会
■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!】

文=大島 裕史