日大三、豪華リレーで競り勝つ!健闘・桐朋、押し出しで敗北

 昨夏の甲子園では準決勝に進んだ日大三であるが、西東京大会の初戦の都立杉並戦は苦しんだように、ここ数年は初戦で苦戦している。一方桐朋は、2回戦で農大一の追い上げに苦しみながらも勝ち抜いてきた。

 今大会も優勝候補であるシード校の日大三に対し、桐朋は知力と気力を総動員して強豪に立ち向かい、好試合を繰り広げた。
 日大三の先発は、三塁手と投手を兼ねる2年生の柳館憲吾。廣澤優、井上広輝という高校球界を代表する2人の投手の負担を軽くする意味でも、柳館の投球は重要であった。
 1回表桐朋は、当たっている1番の向畑康平が中前安打で出塁すると、2番・片倉悠希はバスターから右前安打を放ち、3番・森智彦が送り一死二、三塁のチャンスを作る。しかしここは、柳館が後続の2人から三振を奪い、ピンチを切り抜けた。

 桐朋の先発は背番号11の右腕・原 陸人。それほど球威があるわけではないが、投球の緩急だけでなく、投げるタイミングを変えるなど、頭脳的な投球が光った。
 1回裏、日大三は安打1本を記録したものの無得点。2回裏は、6番・大城 龍馬が左中間を破る長打を放ち、三塁に達する。さらに中継が乱れる間に大城は一気に本塁に向かうが、これはアウト。まだ一死だけに、日大三の焦りを感じる場面であった。

 序盤3回は両チーム無得点。投手戦の1点が重い投手戦の様相を呈する中、日大三は4回表から早くも廣澤を投入した。高校球界を代表する投手の1人だけに、桐朋は苦しむことが予想されたが、この回先頭の6番・羽毛田宗一郎がしっかりミートして右前安打を放った。

 「対戦を想定して、マシンを145キロから150キロに設定して、しっかりボールをみる、速さに慣れることを練習して来ました」と、桐朋の田中隆文監督は言う。
 この回は点が入らなかったものの、羽毛田の安打は、桐朋の選手たちを勇気づけた。

 それでも、先取点を奪ったのは日大三であった。5回裏、この回先頭の6番・大城が四球で歩くと、7番・佐藤 英雄が送る。この試合の日大三は、試合運びが堅実であった。そして8番に入っている廣澤が左前安打を放ち待望の先取点を挙げた。