中盤の集中打で勝ち越した日大三がベスト16へ!

 昨夏の甲子園ベスト4の日大三。初戦の桐朋戦では緊迫した投手戦を制してきている。今日の試合は聖徳学園となったが、初回から厳しい試合展開となる。

 先発の背番号11のサウスポー・児玉 悠紀はオーバースローからコントロールされたストレートとカーブ。そしてこの試合の生命線となった縦のスライダーを武器に聖徳学園を抑えていく。しかし1番・小林 寛大をレフト前で出すと、盗塁と3番・浅見明弘にレフト前へはじき返される。ここで4番・篠宮夢のライト前で1点を失う。

 後続は抑えたが1点を追いかける展開となった日大三。1回、2番・渡辺 凌矢が死球で出塁すると、3番・柳舘 憲吾のセカンドゴロの間に得点圏に進む。この場面で4番・宇津木 帝凱がライトへのタイムリーを放ち、すぐさま日大三が同点に追いつく。

 このヒットについて小倉全由監督は、「1打席目で打ってくれたのは大きかったです」と頼れる主砲の一打を称賛した。

 振り出しに戻ったこの試合は、日大三の児玉と聖徳学園の渡邊颯太のサウスポー同士の投げ合いで緊迫した投手戦へ。前半は試合が動かず後半へ投入すると、日大三が先に仕掛ける。

 「ランナーを貯めてから投入しても勢いで一本打たれて追いつけないケースもありますので、変な空気の時は頼れる投手で行かないといけないので」という小倉監督の思惑から、6回から背番号10、大型右腕の廣澤 優をマウンドに送る。

 その廣澤は立ち上がりを三者三振に抑える上々の立ち上がりで行くと、打線が聖徳学園の渡邉を捉えだす。
 3番・柳舘がセンター前で出塁すると、4番・宇津木の死球と5番・大城 龍馬がサードへのバントヒットで無死満塁。ここで代打の豊國麻人がセンターへきっちり犠牲フライ。これで日大三が勝ち越すと、7番・佐藤 英雄と9番・廣澤の一打で一挙4得点。5対1と聖徳学園を一気に引き離した。

 援護をもらった廣澤は角度を付けた威力十分のストレートと切れ味の鋭いタテのスライダーを軸とした安定のピッチング。聖徳学園打線に反撃の隙を与えず日大三が5対1で聖徳学園を下した。