創価、世田谷学園のミスを逃さず、好投手・細田を攻略

 秋季大会の時、世田谷学園の成瀬智監督は、「このチームは、ここ10年くらいで一番まとまりがあります」と語った好チーム。その中心にいるのが、ツーシームをはじめ多彩な変化球を投げる細田 怜希だ。
 細田は1回、2回を三者凡退で抑える快調な立ち上がり。
 一方創価は、年末にキューバ遠征を行った東京代表にも選ばれているエースの古川 風勝が先発した。しかし古川の状態は今一つ。1回裏の二死一、三塁のピンチは得点を許さなかったものの、2回裏には、6番・山本啓太の左前安打、8番・秋山颯志朗の死球、9番・細田の左前安打などで一死満塁とし、1番・野口敬裕の左前安打で世田谷学園が1点を先制する。

 創価は3回表からは古川に代わり、2年生右腕の森畑 侑大が登板した。森畑は球威があり、フォークなどの変化球も鋭く、将来性を感じさせる投手だ。森畑が3回表の世田谷学園の攻撃を3人で抑えたことで、流れが変わった。
 その裏創価は、中前安打の杉田峻磨を二塁に送り、二死二塁。1番・大野匠の遊ゴロを、世田谷学園の遊撃手・飯田響太が捕り損ねたうえに、慌てて一塁に送球したところが悪送球。杉田が生還し、大野は三塁に進む。動揺を隠せない細田が不用意にストライクを取りに行った球を2番・島本 康平が叩き、左中間を破る三塁打になり、大野も生還。さらに3番・宮原 光夫の右前安打で島本も生還した。