課題を残して都大会に進んだ岩倉。今一度レベルアップして本番を迎える



得点シーン
【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 1年生から活躍した宮里 優吾坂本 一樹、そして荻野 魁也バッテリー中心に今夏の東東京でベスト16になった岩倉。一次予選では今夏を経験するメンバーが、主将の島崎ら3人だけがベンチに入り。残りは全員夏を経験していない。本当の意味でゼロベースからチームを作った。その岩倉、「今年は長打よりも小技を使いながら単打で繋ぐチーム」だと豊田監督は語る。その言葉通り、2対1で迎えた2回、先頭の7番・島崎がヒットで出ると、送りバントで得点圏に送る。

 その後、「1年生でキャッチャーなので負担を減らす意味でも9番に置いていますが、ミート力はある」と豊田監督から評価される9番・庄がタイムリーを放ち追加点。さらにバントヒットと送りバントでチャンスを広げて、3番・西野のタイムリーで追加点を奪う。こういった繋いで点数を重ねるのが今年の岩倉の攻め方なのだ。

 3回にも点数を重ねた岩倉だったが、先発の勝村がピリッとしない。2回までで打者11人に41球で3四死球とリズムを作れず降板。2番手・岩上にリレーする。しかし岩上も立ち上がりを叩かれて2失点。結果1イニングで降板して、3番手・堀込へ。

 セットポジションから始まる堀込の投球フォームはバランスがいい。縦回転を意識したフォームでストレートも変化球も切れがいい。その堀込がランナーを出しながらも、しっかり抑えると6回に打線爆発。一挙6得点で引き離した。

 最後は東京学芸大附に追撃を許すも逃げ切って15対6で都大会の切符を掴んだ。