石坂、満塁走者一掃の二塁打で創価、日大二を破り準決勝進出



創価 逆転のシーン

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 ついに東京の高校野球の主要球場として幾多の名勝負の舞台となった神宮第二球場での公式戦最後の日を迎えた。球場には早朝から大勢の高校野球ファンが集まり、第1試合であるこの試合が始まる頃には入場規制(札止め)になった。いつもとは違う、独特の雰囲気の中で試合は始まった。

 創価森畑 侑大日大二折笠 利矩と絶対的なエースを擁する。森畑は元巨人の江川 卓のようなモーションの時に軸足のかかとを上げるフォームから140キロを超える速球にフォークなどの変化球を織り交ぜ、打者一巡までは、日大二打線を内野安打1本に抑える。

 一方日大二の折笠は、球速は140キロには届かないものの、カーブ、スライダーのコンビネーションがよく、得点を許さない。

 投手戦の様相で始まった試合の均衡を破ったのは日大二であった。4回裏日大二は、2番・樋口 翔太郎の中前安打と4番・折笠の右中間に落ちる安打で一死一、三塁とし、6番・大原 佑斗のレフトオーバーの二塁打で2点を先制した。「タイミングが合ってしまいました」と創価の森畑は語る。

 ストレートを狙い打たれたことで、森畑はフォークを使う投球に変える。すると日大二は、打てなくなる。「低い球を見送らなければならないのに、ボール球を振ってしまいました」と日大二の田中吉樹監督は語る。

 好投していた日大二の折笠だが、後半になると疲労のためか、球威が落ちてくる。そこから創価の攻勢が始まる。

 7回表、四球で出塁の宮原 光夫を二塁に置いて、6番・谷藤 大二郎が左中間への飛球。日大二の中堅手はグラブに当てたものの捕球できず二塁打となり、1点を返す。この試合でも好守をみせ、守備の人というイメージがある谷藤だが、創価の片桐哲郎監督は、「彼の執念がヒットにしたと思います」と語った。

 続く7番・河合 圭聖も左前安打を放ち、創価は同点に追いつく。

 8回表創価は、2番・庄司 一馬の二塁打、3番・宮原の四球、4番・高沢晴佑の左前安打で満塁となり、5番・石坂 大河が右中間を破る走者一掃の二塁打で一挙3点を入れて勝ち越した。

 9回表には二死二塁から、今大会は当たっているものの、この試合では安打がなかった1番の島本 康平が二遊間を速い打球で破る三塁打を放ち、ダメ押しをした。

 結局森畑は4回の2失点以外は失点がなく、被安打7、奪三振9で完投した。森畑にとって、神宮第二球場で投げるのは初めて。「応援してくれる人が力になって、投げやすかったです」と語る。観客との距離が近いのも神宮第二球場の特徴だ。神宮第二球場の良さも味方にして、森畑は完投勝利を挙げた。

 創価日大二は練習場も近く、練習試合も行っており、互いによく知っている。それだけに創価の片桐監督は、「いいチームと、いい試合をして、勝たせていただきました」と感慨深げに語った。

 一方日大二は、学校の勉強の方が厳しく、成績が悪いと追試や補習のため、メンバーが揃うことはなかなかなかった。それでも準々決勝まで勝ち進んだ。まだまだ発展の可能性があるチームだ。

■日程詳細・応援メッセージ
秋季東京都大会
トーナメント表

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。