9回、佐藤の決勝本塁打で佼成学園、国士舘を破り決勝進出



佼成学園先発・森士恩

 激戦が続く中での準決勝。国士舘の永田昌弘監督は、「今日も投げさせると中西が壊れてしまう」と語り、絶対的なエースである中西 健登を、この試合では登板させない方針を固めていた。そのため先発のマウンドには背番号10の右腕・駒崎 友哉が立った。対する佼成学園は、長年苦杯をなめていた日大三を破り、勢いに乗る。継投を前提に、左腕の森士恩が先発した。

 試合は1回表佼成学園が、1番・飯森太慈が左前安打で出塁すると二盗と犠打で三塁に進み、バッテリーエラーが生還し、あっさり先制した。

 佼成学園は3回表には、中前安打の3番・佐藤凛が4番・堀川拓真のレフトフェンスに達する二塁打で三塁に進み、6番・村木隆之介の左犠飛で生還した。

 その裏、この試合の流れに大きく影響するプレーが出る。四球2個と内野安打で一死満塁の場面で、国士舘の5番・有馬虎太郎が三塁線に痛烈なライナー。これを佼成学園の三塁手・小柴滉樹が飛びついて捕球し、飛び出していた三塁走者もアウトにし、併殺となり、ピンチを切り抜けた。

 佼成学園は5回表には中前安打の2番・小柴を4番・堀川の中前安打で還し、リードを3点に広げた。

 秋季都大会優勝の国士舘が、このままおとなしく引き下がるわけがない。5回裏には一死後、2番・門田 朋也、3番・鎌田 州真の連続安打で一、二塁とすると佼成学園は2年生の前野 唯斗をマウンドに送る。前野は4番・齋藤 光瑠に左前安打を打たれる。さらに左翼手のまずい守備もあり、2人の走者が生還して国士舘の追い上げが始まる。国士舘は6回裏に6番の黒澤 孟朗がセンターオーバーの三塁打で出塁し、6番・吉田 健吾の中犠飛で還り、同点に追いついた。

 一気に同点に追いつかれた形の佼成学園の2番手投手の前野であるが、140キロを超える速球を織り交ぜ、傷口を大きく広げるの防ぐ投球をしていた。コロナによる自粛期間を経て、佼成学園の投手陣は、藤田直毅監督が予想していた以上に成長していた、「自立している選手が多いのですが、3人の投手の台頭は予想以上でした。今までなら、すぐに平澤(燎)でしたが、前野をはさむことができました」と語る。

 接戦になり国士舘は7回表から投手としての活躍が期待されていた内野手で主将の鎌田が登板した。一方佼成学園は8回裏からエースの平澤燎を投入する。

 両チームが勝負のカードを切る中で、9回表佼成学園は、この回先頭の3番・佐藤は左翼スタンドに突き刺さる本塁打を放ち、貴重な決勝点を入れた。それでも佼成学園の猛攻が続く中、7番・山上大樹の右中間の打球を国士舘の右翼手・齋藤がダイブして好捕。試合はまだ分からない。

 9回裏国士舘は、一死二塁のチャンスを迎えたが、代打・篠原航太の一直が併殺打となり、熱戦に終わりを告げた。

 秋季大会優勝の国士舘は、4-3の接戦で敗れたものの、まだセンバツ出場校による交流試合が残っている。「最後の交流試合は、しっかりとした試合をしたいです」と永田監督は語る。センバツ出場を決めながら、大会が中止になるなど、幾多の試練を経験してきたチームの、有終の美を飾る戦いを期待したい。

 1974年の最初の西東京大会の優勝校である佼成学園は、その時以来の西東京大会優勝まであと1勝になった。小柴主将は、「ここまで来たら勝つしかないです」と、力強く語った。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。