東海大菅生、猛打で決勝進出! 創価の好投手・森畑力尽きる



東海大菅生先発・本田峻也

 タレント揃いと言う点では、東海大菅生創価は、西東京で双璧を成している。ハイレベルな戦いが期待された一戦は、東海大菅生が序盤から猛攻を仕掛けた。

 創価の先発は、左腕の石坂 大河。準々決勝に先発したエースの森畑 侑大の疲労を考えれば、少しでも長く持ちこたえたいところだった。しかし1回裏東海大菅生は、4番・杉崎成の二塁打や6番・臼井直生の三塁打などで一気に3点を挙げた。

 創価はたまらず2回からエースの森畑を投入する。しかし創価の片桐哲郎監督が「暑さと連戦で、相当こたえている」と心配するように、森畑から、いつもの躍動感や、球の勢いを感じない。そうなると、東海大菅生の強力打線を抑えるのは難しい。3回裏には4番・杉崎の左前安打で東海大菅生が1点を追加する。

 一方創価は、クロスに力のある球を投げ込む、東海大菅生の左腕の本田 峻也から、走者は出すものの、得点は奪えない。それでも創価は5回表、1番・島本 康平、2番。高沢 春佑の連打などで2点を返す。その裏東海大菅生は5番・堀町 沖永の三塁打などで再度引き離す。

 6回表に東海大菅生はエースの左腕・新倉寛之を投入する。しかし新倉の調子は今一つ。この回先頭の創価の6番・石田 清がレフトに特大の本塁打を放ち、追い上げる。石田は秋季大会以降、急速に力をつけてきた選手だ。さらに一死一、三塁で1番の島本が左前安打などで1点差に迫った。

 東海大菅生はこの回途中からエースの新倉を早々に引っ込めて、3番手に球質が思い広瀬楽人を投入する。東海大菅生にとっても、総力戦の様相を呈してきた。

 それでも東海大菅生は6回裏に2番の主将・玉木真虎の左前安打に失策も重なり、さらに2点を入れて突き放す。しかし創価は7回表に7番・小松稜平の中前安打などで、1点を入れる。

 8回表から東海大菅生は速球投手の藤井 翔を登板させる。藤井は140キロ台半ばを超える速球を投げ込み、創価打線を寄せ付けない。藤井は今まで、球は速いけれども、打たれることが多かったが、この夏は安定感が増してきた。

 8回裏疲れがはっきり感じられる森畑に、東海大菅生が猛攻を仕掛けると、試合時間は規定の2時間20分を超え、最後は緊張の糸が切れたようになり、この回だけで東海大菅生が5点を入れ、12-5、8回コールドが成立した。試合時間は2時間25分だった。

 東海大菅生日大三国士舘を破り勢いに乗る佼成学園と決勝戦を戦う。玉木主将は「楽しんでやりたい」と語った。

 一方最後は大量失点で敗れた創価であるが、力のあるチームであることは間違いない。コロナで練習が思うようにできず、甲子園大会も中止になり、苦しんできた選手たちに片桐監督は、「苦しい思いをした彼らが、堂々と戦ってくれた。誇りを持って、人生の甲子園を歩んでほしい」とエールを送った。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。