エース兼主将・工藤翔午が1失点完投!敵、味方も納得の投球でシード校・錦城学園を破る!



大森学園先発・工藤翔午

 今大会シード校で出場した錦城学園。そしてノーシードではあるが、東東京内では実力校として存在感を示す大森学園。両校の対戦は緊迫の投手戦となった。

 先にマウンドに上がったのは大森学園のエース・工藤翔午。セットポジションから始動して、足を真っすぐに上げてゆっくりと体重移動を始める。右腕はあまり下ろさずに小さく回しながらトップまで持っていき、着地と同時に鋭く体を回転させる。腕が振り遅れてるのが気になったが、力強く振りおろされたストレートは威力十分だ。

 その工藤が初回、錦城学園1番・笹島栄太郎の出塁を許すと、一死満塁のピンチから5番・根橋幸ノ助が「リスクを背負おって」と錦城学園・玉木信雄監督が出したエンドランを成功させて、ファーストゴロの間にランナーが生還した。

 それでも「打たれてはいなかったので心配せずに腕を振っていこう」と工藤は落ち着いた気持ちで後続を抑えて、味方の反撃を待った。だが、錦城学園の先発・石川隆二が立ちふさがる。

 スリークォーター気味の高さから鋭く振り抜いた右腕からストレートと横のスライダーを投じる。外角中心に集めた丁寧なピッチングを前に3回まで無失点と抑えられ、反撃の糸口がつかめなかった。

 そこで大森学園の和泉隆監督は「まずは外角だけに絞りまして、その上で高めを狙っていくようにして行きました」と石川攻略の一手を打つ。

 すると打線は石川が投じる高めのボールを捉えだし、4回には7番・植田斗馬がタイムリーを放って大森学園が逆転に成功。さらに6回には先頭の3番・森瑞貴の四球から錦城学園のミスでチャンスを広げたところで、6番・佐々木歩の犠牲フライで1点を追加。

 3対1となった大森学園。工藤は後半になっても安定した投球で錦城学園に反撃の隙を与えずゲームセット。大森学園錦城学園を3対1で破った。

 試合後、大森学園の和泉監督は先発の工藤について「安心してみていられました」と信頼をしていたことを語った。

 その工藤は「今日は調子がいい日でした。このまま東京ナンバーワンになれるように頑張りたいです」と意気込みを語った。

 そして敗れた錦城学園の玉木監督は「工藤君は良い投手だと聞いていましたが、想像以上でした」とコメントを残しつつ初回のチャンスで1点で終わったこと。そして守備でのミスを敗因に挙げた。主将の根岸も「チャンスで1本出せなかったのがよくなった」と振り返った。

 シード校・錦城学園を破った大森学園の勢いはどこまで行くのか。今後の試合にも注目だ。

(記事=田中 裕毅)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。