背番号17の右腕・阿部が流れ引き寄せる好投!良いリズムの中で城西大城西突き放す



先発の阿部太一朗(東亜学園)

 序盤から着実に得点を重ねた東亜学園がベスト8進出を決めた。

 2回表に相手のパスボールで先制点を挙げた東亜学園は、その後一死一、三塁から1番・阿部 敬太のショートゴロの間に三塁ランナーが生還し追加点を挙げる。さらに二死一、二塁のチャンスで3番・尾関翔来にもセンター前タイムリーが生まれ、この回3点を挙げた東亜学園は早くも試合の主導権を握った。

 投げては先発の背番号17の右腕・阿部太一郎が安定した投球を見せる。
 歩幅の広い投球フォームから力のあるボールを投げ込み、また変化球も緩急をうまく使いながら要所を締める投球でスコアボードに「0」を並べていく。

 東亜学園の武田朝彦監督も、「阿部が良く投げてくれました。リズムよく投げたので、打線もリズムを作ることができました」と話すように、阿部が好投がチーム全体に勢いを与えた。

 劣勢に立たされた城西大城西は、6回裏に一死満塁のチャンスを作るなど、東亜学園の阿部を攻める場面もあったが、あと一本が出ずに追い込まれていく。

 結局試合は、6対1で東亜学園が逃げ切り準々決勝進出を果たした。
 好投を見せた阿部は、試合後にはピッチングに手ごたえを感じた様子を見せて、準々決勝以降に向けても強い意気込みを口にした。

 「前回、不甲斐ない投球をして、チャンスをもらった中で良い投球ができて良かったです。次は投げるかはまだわかりませんが、今日以上のピッチングができるように頑張りたいと思います」

 準々決勝に駒を進めた東亜学園は、4日にベスト4を懸けて実践学園と対戦する。どんな戦いを見せるのか見ものだ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。