強力打線が初回5得点を奪うも課題を残した日大二



1番・杉山大知(日大二)

 今夏の西東京大会でベスト8に入るなど、激戦区・西東京で上位に居続ける強豪・日大二。新チームになって初めて迎えた公式戦・都立調布北との一戦は打線の厚みを見せる試合だった。

 初回、1番・杉山 大知のライトへの流し打ちと相手のミスで無死二、三塁とチャンスメイク。さらに3番・岩田 侑真が四球を選んでチャンスを広げると、4番・藤井 道万のセンターへの犠牲フライで日大二。さらに、8番・湯江 蒼のタイムリーなどで一挙5点と試合の主導権を握った。

 ここで紹介したいのは1番・杉山から4番・藤井までの4人のスラッガー。1番・杉山はすり足でタイミングを合わせて、ポイントを手元に寄せて最短距離でミートする。パンチ力を持った強打の1番打者だ。

 続く2番・宮本 寛人はポイントを前に置き下半身を柔らかく使ってボールに対して対応できるのが特徴的なバッター。8回には送りバントを決めたが、小技というよりも打ってチャンスを広げる攻撃的な2番というタイプだ。3番・岩田はあまり重心を落とさないが、1番・杉山同様にポイントを近めにおいて鋭いスイングで飛ばしていくパワーを持った強打者。

 そして4番に座る藤井は打席の中で見せる構え1つでも風格を感じさせるスラッガー。重心を少し落としてどっしりとした構えから、あまりトップを引かずに足をきっちりと上げてタイミングを測る。そこからミートポイントまで鋭くシャープにバットを振り抜いていく。

 コンタクト力はまだ改善していくべき課題ではあるが、クリーンヒットすれば長打を飛ばすことは十分可能なポテンシャルを秘めた要注目バッターだ。

 5点のリードをもらった日大二の先発はエースナンバーを背負ったサウスポーの小林 誠明は、2回に都立調布北の5番・吉田悠真の二塁打と味方のミスで1点を失ったが、その後は安定したピッチング。

 セットポジションからゆったりとセカンド方向に足を上げながら捻りを作り、ファースト方向に蹴りだした足を利用して壁を意識しながら重心移動。長身を生かした角度を付けたストレートや、スライダー、カーブといったボールで打者を翻弄した。