コールド勝ちにも厳しい表情の永田監督。清水と常盤を軸に都大会に臨む。



好投を見せたリリーフの常磐育弘(国士舘)

 国士舘グラウンドで行われた秋季東京都大会一次予選。国士舘開成の代表決定戦は、国士舘打線が力を見せて13対0の5回コールドで都大会進出を決めた。

 2回に先制点を挙げて、その後も着実に追加点を重ねて14得点。投手陣も3人の投手が登板して5イニングで計1失点と、表面的な試合内容だけをみれば盤石の戦いのようにも思えるが、永田監督の表情は厳しい。

 記録に残らない守備のミスや走塁のミス、また打撃でも強引に引っ張るような打撃や意図の見えぬ打撃も見受けられ、現時点での完成度は経験豊富な選手たちが多かった前チームよりも大きく劣るだろう。

 「守備は35年やってきて一番悪いです。都大会3連覇が懸かっていますが、正直そんなレベルではありません」

 その中で永田監督が要として期待する選手が、捕手の清水 武蔵だ。元々内野も守れる選手で、前チームでも試合に出場していた清水。
 この日は4番として2打数2安打をマークし、捕手としても冷静なリードと指示出しを見せた。スローイングには課題を残すが、永田監督も「野球をよく知っている」と評価しており、チームを牽引する活躍が求められる。

 また3回から登板したエースの常盤 育弘も、チームを牽引する活躍が求められてくるだろう。
 この日は開成の奇襲により、ホームスチールで1点を失ったが、投球自体は危なげないもので2イニングをしっかりと投げきった。