投打で状態上向きの錦城学園が都大会へ!エースの内山は3イニングを無失点



好投を見せた先発の内山界(錦城学園)

 「初戦が全然打てなくちょっと心配していましたが、今日はよく頑張ってくれました。(先発の)内山も前回の試合は公式戦初登板だったので、あまり良くありませんでしたが、今日はよく投げてくれたと思います」(錦城学園・玉木信雄監督)

 岩倉高校西東京運動場で行われた秋季東京都大会一次予選。
 錦城学園都立保谷の代表決定戦は、序盤から錦城学園打線がしっかりと繋がり5回コールドで都大会本戦への出場を決めた。

 初回に相手のエラーから2点を先制した錦城学園は、2回には1番・伊藤慎之介など4本のタイムリーヒットが生まれて5点を挙げる。
 3回にも1番・伊藤のタイムリーツーベースで2点、4回には7番・森田永遠のタイムリーツーベースなどで4点を追加し5回までに14点を奪う猛攻。
 打線がしっかりと繋がり大量リードを奪った。

 先発の内山 界も、安定感のある投球を見せた。
 東久留米シニアの出身で、183センチ・67キロとスラリとした体格の内山。スピンの利いた直球とスライダーのコンビネーションが持ち味で、低めのボールをしっかりと凡打に打ち取る投球が光った。内山は3イニングを投げて無失点と、危なげない投球で次戦へ向けても自信を付けた様子だった。

 「前回の登板では、ボール先行になって取りに行ったボールを打たれる投球になったので、今日はストライク先行で行きました。
 次の試合でも、攻撃に繋がるように打たせて取るピッチングをしていきたいと思います」

 最終的に試合は、14対2で錦城学園が勝利して都大会進出を決めた。都立保谷は内山がマウンドを降りた直後の4回に2点を返したが、以降は点差を詰めることが出来なかった。
 錦城学園の玉木監督は都大会に向けて、シード権を取った昨年以上の成績を残したいと意気込みを語った。

 「何とか去年のチームはベスト16に進出して春のシードを取ったので、最低でもそこは目指したいなと思います」

 一方敗れた都立保谷も、点差をつけられての敗戦となったが、決して悲観すべき試合内容ではない。
 最後は流れに押される形となったが、選手それぞれが力を出し切っていたと言える。

 平井優主将は、「相手は追い込まれてからのバッティングが良かったです。流れを断ち切ることができなかったので、相手の流れを断ち切ることができるように力をつけていきたいです」と来春に向けて意気込みを語った。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。