渡邉の2ランと安保奪三振11の好投で目白研心 3年連続で都大会進出。



先発で好投を見せた杉江敏希(創価)

 創価が、序盤から集中打を見せて初戦を突破した。
 まずは2回裏、一死満塁から9番・杉江 敏希の右犠飛で先制点を挙げると、さらに相手のパスボールで1点を追加し、この回2点を挙げる。

 これで勢いに乗った創価は、3回裏に二死満塁から7番・室田大和に走者一掃のレフトオーバーのタイムリーツーベースが飛び出し、5回裏にも相手の守備のミスを皮切りに2本のタイムリーで5点を挙げる。
 これで試合は5回コールドが確定し、創価が2回戦進出を果たした。

 試合後、創価の片桐哲郎監督は「選手が甘いボールを逃さず打ってくれました。相手は良い投手と聞いていたので、控えの左投手がチームのために(練習で)投げ込んでくれました」と語り、チーム一丸での勝利に笑みを浮かべた。

 また先発の杉江敏希は、決して迫力のあるボールを投げるタイプでは無いが、スピンの利いたボールをテンポ良く投げ込み、5回を3安打無失点、5奪三振の好投。
 片桐監督も「持ち味を出してくれた」と語り、投球に満足した様子を見せた。

 一方、敗れた都立文京は、序盤から相手にペースを掴まれて防戦一方となってしまった。
 5回表には一死満塁のチャンスも作ったが、この好機を活かせずに完全に主導権を相手に似られる形となった。

 梨本浩司監督は、「最後はうちが自滅した形になってしました。満塁の場面でチャンスを活かすことが出来れば、結果はまた変わったかもしれません」と語り、悔しさを滲ませた。

 それでも、2番手で登板した背番号1の林将吾は、左サイドハンドで尚且つクロス気味にステップを踏む変則左腕で、それでいてボールに強さもある。
 この試合では制球の不安定さも垣間見えたが、下半身が安定し、リリースポイントも安定したいけば、都内屈指の好投手になる可能性を秘めている。冬場の成長に期待だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。