都立日野打線がドカンと2度爆発、力で駒込を退ける



日野・木下孔晴君

 一次ブロック予選では初戦で都立城東と対戦。「東西の都立の雄対決」として注目もされたが、その戦いを制しての進出となった都立日野。西東京大会で準優勝した2013年のチームのようなパワーや佐々木 千隼投手(千葉ロッテ)のような図抜けた選手がいるというのではないが、やはりチーム力は高く評価されている。

 ある程度は、点の取り合いが予想された試合。初回には駒込が、2番有馬君が右越三塁打を放つと、二死後4番三浦竜蔵君が右前へ運んで先制打となる。

 都立日野も2回に一死一二塁としたが、長町君の右邪飛で三塁を狙った二塁走者が駒込の有馬君の好返球で刺された。これはなかなか質の高いプレーだった。

 こうして、前半は予想に反して、試合は守り合い、辛抱の仕合という展開になっていく。

 都立日野は木下君がやや力が入りすぎという感じではあったが、力強く投げ込んでくる。駒込は背番号14をつけた山端君が落ち着いたプレートさばきを見せる。マウンド周りの打球の処理も巧みだ。そんな山端君を強打を売り物としている都立日野打線もやや攻めあぐんでいた。

 試合が動いたのは5回。都立日野は一死から四球と木下君の安打で一二塁とすると、ここで1番三浦 悠雅君が右中間へ二塁打して2者を帰して逆転。さらに都立日野は小山君が左前打でつなぐと、3番樋口君も左中間深いところへ三塁打して2者を帰す。さすがに、ここで駒込の金丸健太監督は山端君を三塁に回し、マウンドには安達君を送り出した。その安達君に対しても都立日野は攻める。四球と、廣岡君の二塁打、鈴木 達哉君の左前タイムリー打などで、この回一気に6点を奪った。ようやく、都立日野の強力打線が爆発した。

 一転、追いかける立場となった駒込はその裏、二塁打の小倉君を二塁に置いて4番三浦竜蔵君が、右前打して1点を返した。ベンチでは、「4番へ回せ」の声が上がっていたが、それだけ信頼も厚いということであろう。三浦君はそれに応えて、頼れる4番打者ぶりを示していた。

 途中から雨が降ってきた試合は、6回頃から雨脚が激しくなってきたが、そんな中で8回、都立日野打線は再度爆発。木下君のこの回だけで2本の二塁打や樋口君のこの日2本目の三塁打など打者11人で7安打に四球や暴投もあって7点が入った。