重藤の本塁打などで攻めまくった佼成学園。5回コールド32得点で3回戦進出



本塁打を放った重藤琳太郎(佼成学園)

 24日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた佼成学園都立小松川の2回戦は、佼成学園打線が力を見せて5回コールドで都立小松川を下した。

 まずは1回裏、一死一塁から3番・平尾 颯のタイムリースリーベースで先制点を挙げた佼成学園は、さらに一死三塁から4番・重藤 琳太郎の犠牲フライで追加点を挙げる。
 2回裏には、1番・一瀬 和生、2番・野沢 京平の連続タイムリーでさらに追加点を挙げると、さらにランナーを二人置いた場面で4番・重藤 琳太郎のスリーランホームランが生まれ点差は7点に。これで試合の主導権を完全に掴んだ佼成学園は、その後も猛攻を浴びせ4回までに32得点。

 投げては先発の小林 春葵が、粘りの投球で都立小松川打線を抑え込む。
 右サイドハンドから切れのあるボールを投げ込む小林だが、この日は制球に苦しみ毎回のようにランナーを背負う苦しいピッチングに。それでもスライダーをうまく織り交ぜながら、何とか無失点投球を続けてチームの流れを崩さない。試合はそのまま、32対0で佼成学園が勝利し3回戦進出を決めた。

 試合後、佼成学園の藤田直毅監督は「流れだと思います。そんなに差は無いです。その中で重藤の本塁打は大きかったです」と語り、主砲の一打を称えた。

 その重藤はホームランについて、「球種は絞らずに、甘いボールだったので打ちました。フルスイングすることを心がけています」と無心で打席に立っていたことを明かす。
 重藤は福岡県の八幡南ボーイズの出身で、レベルアップを目指して上京してきた選手。藤田監督も「チームで一番バッティングは手本になる」と語っており信頼は厚い。

 その他にも、1番打者ながらパワーも兼ね備える一瀬 和生、単打も長打も自在に打ち分ける平尾 颯、そして秋はいまだ当番はないが140キロの超の直球が魅力の前野 唯斗と注目の選手は多い。次戦での打撃も注目だ。
 佼成学園は次の3回戦では、二松学舎大附と対戦することが決まった。どんな戦いを見せるか注目だ。

 一方、敗れた都立小松川だが、佼成学園の藤田監督が口にしたように点差ほどの実力差があるかといえば決してそうではない。特に1番の日高は、バットが非常に振れており隙の無い打撃を見せていた。
 相手に流れを渡してしまうようなミスをなくし、春は上位進出を狙っていきたい。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。