両チーム守備が乱れた荒れた試合を、抑え初経験の日大豊山・森が締める



日大豊山・森耀太朗

 日大豊山には玉井皓一郎、明大中野八王子には黒島 拓実と、タイプが違う左腕の好投手を擁する両校の対戦は、投手戦が予想されたが、終わってみれば、勝った日大豊山の福島直也監督は、「今日は不思議な勝ちです」と言い、敗れた明大中野八王子の椙原貴文監督は、「勝ち切れない。ミスが多かった」と語るように、両チーム守備が乱れた、荒れた展開になった。

 3回表の日大豊山の得点も、相手守備の乱れからだった。二死二、三塁から3番・義金 大空の一塁への内野安打で、まず1点が入り、さらに一塁手がカバーに入った黒島への一塁送球が悪送球になり、さらに1点を追加した。

 黒島は主に横手投げで、時折スリークォーターからも投げる変則投手。一方日大豊山の玉井は本格派の投手だ。5回裏、玉井は制球が乱れ、連続四球で一死一二塁のピンチを招いたが、明大中野八王子の1番・築地 星流の二遊間の強いゴロを、日大豊山の遊撃手・和田 颯生がダイブして捕球し、併殺に仕留めて得点を許さない。

 6回表日大豊山は二死三塁から6番・井原 亮介の遊ゴロを、明大中野八王子の遊撃手・三部 大智が一塁に悪送球して日大豊山は1点追加。井原は二盗し、7番・和田の中前安打でさらに1点を追加したところまでは、完全に日大豊山のペースであった。

 ところが6回裏明大中野八王子が内野安打と2四死球で無死満塁とし、5番・三部は遊ゴロ。日大豊山の遊撃手・和田は二塁ベースを踏んで一塁走者はアウトになったものの、一塁送球が悪送球となり、2人が生還した。それでも玉井が踏ん張り、追加点は許さなかった。

 7回裏日大豊山は玉井に代えて、夏も経験している荒木 慈安が登板。この回明大中野八王子は、敵失絡みでつかんだチャンスで、3番・須江 陽海が左前適時打を放ち、1点差に迫る。

 明大中野八王子は7回から故障で秋は出遅れたが、夏の大会では実績を残している井上 仁が登板して好投。試合の流れは、明大中野八王子に傾きかけた。

 日大豊山は9回表の攻撃で投手の荒木の打順で代打を送ったが、得点はできない。

 ブルペンでは背番号1の足立 丈も投球練習をしており、9回裏のマウンドは、足立が上がると思われたが、登板したのは背番号18の森耀太朗だった。「森も先発してもいいだけの力はあります」と、日大豊山の福島監督は言う。

 しかし明大中野八王子は2番・福本 真士からの好打順。けれども「抑えは初めです」と言う森だが、「同じ年なので、どのバッターでも同じ」と、動じない。2番・福本、3番・須江を一ゴロに抑える。

 それでも明大中野八王子は降板して右翼手になっていた4番・黒島が意地の二塁打を放ち、勝負を諦めない。とはいえ、森も強気を崩さず、二塁打を打たれた後も、「ピンチとは思いませんでした」と語る。結局5番・三部は三ゴロに倒れ、日大豊山が森の好救援で逃げ切った。

 敗れた明大中野八王子の椙原監督は、「後を引きずる負けです」と悔しさをにじませる。明大中野八王子は、昨秋からの経験者も多く、力はあるチームだ。これからどう仕上げてくるか、期待したい。

 一方勝った日大豊山にしても、反省点の多い試合であった。「1週間後に成長した姿をみせたいです」と福島監督。3回戦は創価との対戦になるが、まずはチームの立て直しとなる。

(記事=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。