勝利した八王子ナイン

 試合後、八王子の安藤監督は「羽田は立ち上がりが心配でしたが、(前回の投球を)自分で反省して考えて練習していました。前回よりも落ち着いて入ってくれると思いました」と語り、好投の左腕を労った。

 そしてその羽田は、会心の勝利を喜びつつも気持ちはすでに次に向かっていた。この試合で出た課題を、次の試合までに潰していきたいと心中を口にする。
 「前回より四死球は減りましたが、その分ゾーンにこだわってしまいました。(優勝まで)あと4つありますが、一つずつ勝っていきたいと思います」

 一方、サヨナラ負けで3連覇を阻止された国士舘の永田監督は「常盤は気持ちも入っていたので、最後までいこうと思っていました。打てなかったのがすべてです」と打線が封じられたことを悔いた。
 また夏に向けての課題を問われると、「羽田くんを攻略しないと勝ち上がることはできません。また対戦すると思うので、次は打てるように練習していきます」と打倒に向けて意気込みを口にした。

 勝利した八王子は、次はベスト8を懸けて日大鶴ヶ丘と対戦する。次はどんな戦いを見せるのか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。