背番号20の岸が粘りの完投勝利!桜美林が虎の子の1点を守り錦城学園下す



好投を見せた桜美林先発の岸祥大

 桜美林の片桐幸宏監督は、試合後開口一番に「しんどかったですね」と思わず口にした。
 ダイワハウススタジアム八王子で行われた秋季東京都大会2回戦、桜美林錦城学園の第1試合は、桜美林が息詰まる接戦を制して3回戦進出を決めた。

 桜美林の先発マウンドに立ったのは、背番号20の左腕・岸祥大。決してボールに速さや強さがある訳ではないが、コーナーに投げ分ける制球力を武器に凡打の山を築いていく。
 片桐監督も「カーブなどの変化球も良くて、右バッターのアウトコースへのストレートも良かった」と評価し、安定した投球で初回から無失点投球を続けた。

 対する錦城学園の先発・梅澤忠央も、岸に劣らず安定した投球を見せる。3回裏に3番・羽田翔世のタイムリーで1点こそ失ったが、非常に丁寧な投球で桜美林打線をうまくかわしていった。
 「今日はボールが走っていたので浮いてもフライになり、また捕手も常に低めに構えてくれたので、低めを意識しながら投げることが出来ました」(梅澤)

 援護をもらった岸は、6回以降は毎回のようにランナーを出す苦しい展開となったが、緩急を上手く使って粘りの投球を見せる。最終回には二死満塁の絶体絶命のピンチを迎えるが、最後は9番・内山 界を空振り三振に打ち取りゲームセット。1対0と桜美林が接戦を制して、ベスト16入りを果たした。