東亜学園、6回コールドの大勝も、学習院の健闘に序盤は苦戦

 東亜学園はノーシードながら、昨夏の独自大会はベスト4で、今大会でも有力候補に挙げられる。その初戦は、中盤の猛攻により13-2の6回コールドで圧勝したが、試合後。武田朝彦監督は、「決定力がないし、人工芝でこんなにエラーしてはだめです。(先発の)阿部は夏バテなのか、調子を崩している」と言い、秋は肩の違和感で登板しなかったものの、いまは肩の方には問題がないというエースの阿部 太一朗も、「思い切った投球ができなかった」と語る。

 一方敗れた学習院の瀧澤拓也監督は、「序盤はよくやってくれました。いいチームだなと思える試合をしました。(エースの)菅家も、最初は『菅家がピッチャーか』という感じでしたが、朝練で一から教えて成長しました。秋までは投げたら打たれるような感じでしたが、菅家のひたむきな姿勢は、今後にいい影響を与えると思います」と感極まった口調で語り、エースの菅家 悠太も「今まで一番いい投球ができました」と自信を持って語った。

 実際、1回表の東亜学園の攻撃で、敵失、死球、内野安打で一死満塁となったが、5番・藤沢 光を6-4-3の併殺に打ち取り、無失点で切り抜けると、2回表は東亜学園を三者凡退に抑えた。

 するとその裏学習院は安打2本と、東亜学園の主将で遊撃手の竹松 京飛の失策で二死満塁とし、1番・桐井 鍛の中前安打で1点を先制した。

 リードされた東亜学園は3回表、1番・松本 颯斗のセンターオーバーの二塁打に、2番・山口 大貴のバント安打、4番・鈴木 浩太朗のライトオーバーの三塁打などで2点を入れ、すぐに逆転した。それでも4回表は東亜学園に得点を許さず、1点差で5回表に。ここで踏ん張っていた菅家は制球を乱し、四球と1番・松本の安打で走者を溜め、4番・鈴木に四球で押し出し。5番・藤沢は二塁手の後方のポテン安打で失点すると一気に崩れ、この回5点を失った。

 5回途中から菅家に代わって登板した高橋 一颯も6回表に6点を失い、試合が決まった。

 6回裏に東亜学園は横手投げの長島 元気が登板。しっかりゼロに抑えたいところであったが、味方の失策などで1点を失った。それでも6回を終わって13-2。6回コールドが成立した。

 東亜学園にすれば、不満の残る試合内容だったが、まずは勝つことが大事。次の試合までにどう仕上げてくるか、注目したい。

(取材=大島 裕史)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)