「初回から全力勝負」関東一がコールド完封

 春の関東大会準優勝、東京都大会優勝の関東一が初戦を迎えた。大会を勝ち進む上で、いくつか関門がある。それが大会初戦だ。米澤監督は「どうしても硬くなってしまうので、難しい」と語る。そこで先発は市川 祐と当初から決めており、そして野手陣には打てなくてもいいから走って崩そうと心がけた。「初回から全力勝負。初戦はそれだけ難しいです」と米澤監督は語るように、市川は全力投球で140キロ前半の速球で、1回表を無失点に抑えると、1回裏から猛攻を見せた。

 1番染谷 真ノ介が四球で出塁し、2番五十嵐 奨斗がセーフティー気味のバント。これが相手のエラーを誘い、送球が後ろへ転々とする間に、二塁走者が生還。さらに3番初谷 健心のライト線を破る二塁打で2点目。なおも一死二、三塁から6番市川 祐が打ち上げた打球はライトへの浅いフライ。犠牲フライになるかどうか難しい当たりだったが、ライトが捕球時に体勢を崩したのを逃さず、三塁走者も生還。3点目を入れる。

 さらに2回裏には満塁のチャンスから3番初谷がライト線を破る適時三塁打で3点目。さらに押し出しと滝川 柊憂の適時三塁打で10点目を入れると、極めつけは石見 陸の本塁打で、2回までに12対0と大きく点差を広げた。

 四球で出塁すると、すかさず盗塁を仕掛け、計4盗塁。犠打もセーフティー気味で内野手にプレッシャーを与える。大会初戦でも関東一スタイルで点をもぎとった。甲子園を狙えるレベルの学校は、すかさず走ったり、ライン際に絶妙に打球を打ち返したり、バントを決めたりと、攻撃手段が多彩。それだけではなく、甘く入れば本塁打にできる。実に鍛えられている。

 市川は期待通り3回無失点5奪三振の快投を披露すると、4回表には故障から復活した青木 慶悟は右スリークォーターから常時130キロ中盤・最速138キロのストレートを投げ込み、無失点に抑える好投。こんな投手が控えていたのかと驚く投球だった。「夏は市川1人だけでは勝てませんので、経験をさせてあげることができてよかったです」と米澤監督も高評価の投球だった。そして5回表には成井 颯(2年)が登板。関東大会は肩甲骨を痛めた影響でベンチを外れていたが、この大会に復活。「コントロールの良さが彼の武器」と米澤監督が評するように、無失点に抑える投球。速球は135キロ前後だが、コマンド力の高さが魅力で、秋以降、都内でも評判になる好投手だろう。

 自慢の投手力、機動力の高さを発揮した関東一。今大会を盛り上げてくれそうな戦いぶりだった。

(取材=河嶋 宗一

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)