日大豊山が足技もさえて快勝、都立城東・林「もっと勉強したい」

 シード校・日大豊山と、都立屈指の実力校・都立城東が激突した。

 都立城東は今大会初先発となるエース・林 平太郎をぶつける。1年生秋から活躍し続けた大型左腕相手に、シード校・日大豊山は初回から仕掛けていく。

 1番・義金 大空が四球を選ぶと、2番・井原 亮介と3番・小川 慶人の連打で無死満塁とする。ここで4番・飯島 渉太の犠牲フライで先取点を掴むと、2回にも1点を追加した。

 3回に都立城東の2番・佐藤タイラーに一発を浴びて2対2の同点に戻ったが、ここからが日大豊山の真骨頂の発揮だった。
先頭の代打・谷口 友記のヒットを皮切りに、一死二、三塁とすると、3番・小川のタイムリーで2点を追加して4対2と勝ち越しに成功する。

 さらに5番・狩野 光晴のタイムリーに、「あの攻撃は痛かった」と都立城東・内田監督が話したダブルスチールで6点目を挙げて、日大豊山がリードを広げた。

 この攻撃については、「これまで結構やられた攻撃なんです」と日大豊山・福島監督は笑顔を交えながら、相手にやられた教訓から増やした攻撃だと説明する。

 こうした細かなプレーは、福島監督のなかで大事な攻撃手段の1つと位置付けているのだ。
「打つだけではないので。走力、点数力、出塁力など、攻撃力というと打つことだけと思われがちですが、野球は打つこと以外もしっかりやらないと試合になりませんので、その点は成長したところですね」

 また4回の集中の攻撃に関しては、「1番から9番までが役割を果たせば攻略できる。しぶとく打って打線で崩しました」と、打者1人ではなくチームとして、林を攻略していけたことに、福島監督は満足しているようだった。

 試合はその後、都立城東が5回に2点を返されたものの、2番手・足立 丈から森 耀太朗と、この試合3人の投手を繋いで反撃を防いだ。

 最後はダメ押しの2点を入れた日大豊山が8対4で制した。