ドラフト候補左腕・秋山正雲の独壇場。投げては13奪三振無失点&打っては貴重な先制3ラン

 二松学舎大附都立広尾の一戦は、二松学舎大附のエース・秋山 正雲の独壇場とも言っていい試合だった。

 秋山の投球については、春季大会、6月の練習試合と見てきているが、進化の跡が見える。常時130キロ後半〜最速142キロの直球はクロス気味にくい込み、打ち難いコースにビシバシ決まるのだ。高めのストレートも、力のない浮いたボールではなく、回転数の高いストレートで、思わず振ってしまうほどの凄みがある。

 ドラフト候補に挙がる投手をチェックするために、地方大会や中継を見ると、140キロを超えるストレートを投げているのに、ガンガン打たれている投手が多くいる。そういう投手に共通するのは、ベルト付近に入って振り抜かれやすいコースに投げていること。力いっぱい投げようとして、打者の打ちやすい軌道に投げてしまっているのだ。

  秋山のストレートの軌道を見ていくと、ふっと浮くものではなく、対角線に決まるクロスファイヤーを実現できていた。

 さらにテンポもよく、味方に良いリズムを生むことを意識している。そして2回裏、駒沢球場のライトスタンドにある大会の横断幕直撃の3ランで主導権を握る。「打順は8番ですが、他の野手と比べると余裕が感じられました」と市原監督が説明するように、スイングも鋭く、隙を逃さない技術の高さも光った。

 秋山は回を重ねるごとに内容が良くなっていく。カーブ、スライダー系の変化球の制球力も高まり、6回表の場面では、右打者の膝下に「これは打てないでしょ…」と思わせる138キロのストレートで2ストライクにとった後にさらに低めの変化球で三振を奪った。終盤でも球威とコントロールは衰えず、次々と三振を奪っていく。

 前半は直球主体、後半は変化球の割合を増やしつつも切れのあるストレートをねじセルなどなど、投球のコンビネーションがしっかりと成り立っていた。腕を力強く振りながらも、コントロールも抜群で、なおかつテンポも良い。申し分ない投球内容だ。