國學院久我山、バント攻撃で着実に加点して激戦区を勝ち抜き東京ドームへ

 國學院久我山明大中野八王子以外にも、早稲田実業佼成学園日大二桜美林、さらには都立の伏兵となった都立小平南など強豪ひしめく最激戦区を勝ち抜き、東京ドームで行われる準決勝に進出するのは、苦しみながらもシード校から順当に勝ち上がった國學院久我山か、明大中野八王子か。両校の対戦は、猛暑の中の大熱戦になった。

 明大中野八王子は左腕のエース・井上 仁が先発したが、國學院久我山はエースの高橋 風太でなく、中心打者でもある左腕の内山 凜が先発した。

 先取点を挙げたのは國學院久我山だった。1回表一死一、三塁から4番の原田 大翔のスクイズが決まり1点を先制した。さらに3回表一死一、三塁から5番の下川邊 隼人がスクイズを決め、1点を追加する。國學院久我山は打順に関係なくバントをし、それを確実に決める。「バントができないとうちの野球ができない」と國學院久我山の尾崎直輝監督は言う。

 明大中野八王子國學院久我山の先発・内山の変化球にタイミングが合っていなかったが、2巡目から合い始め、3回裏には走者を2人置いて、4番の築地 星流が3ランを放ち、一気に逆転した。

 5回から國學院久我山は、内山が右翼にまわり、エースの高橋がマウンドに立った。高橋が5回裏を三者凡退で切り抜けると、6回表國學院久我山は8番・藤原 健祐のスクイズですぐに同点に追いついた。

 さらに7回表には一死三塁から4番・原田の左前安打で逆転。さらに5番・下川辺の二塁打で原田も生還しようとしたが、三塁ベースを回ったところで転倒し、追加点はならなかった。

 明大中野八王子の井上は、5回で投球数が100を超え、苦しい投球になる。井上を助けたい明大中野八王子は、7回裏一死一塁から1番・須江 陽海がライト線に三塁打を放ち同点に追いつき、2番・福本 真士の左犠飛で逆転に成功した。それでも國學院久我山は、8回表一死三塁から9番・黒﨑将太のスクイズでまたも同点に追いついた。