8回の集中打で東海大菅生が4強入り 真っすぐを磨いたエース同士が好投みせる

 甲子園、そして準決勝の東京ドームを目指す東海大菅生駒大高による一戦は、終盤勝負となった。

 5回までは、3番・堀町 沖永と相手エラーで2点を奪った東海大菅生がリードする展開で折り返した。ただ6回から先発・櫻井 海理から松永 大輝にスイッチしたところで、駒大高の反撃にあう。

 3番・程原 裕太のヒットなどで一死満塁とすると、5番・相生 哲大に押し出しの四球で2対1としてしまう。これには若林監督も「誤算だった」と話していたが、たまらずここでエース・本田 峻也をマウンドに送る。

 イニングの途中からは初めてだったという本田だが、ここをしっかりと抑えるとチームは勢いに乗る。
 一死一、三塁から7番・小山 凌暉のタイムリーで3対1とすると、二死から本田の三塁打などで一挙4得点で、駒大高先発・林 大智を攻略した。

 4点リードをもらった本田は、8回以降も相手に反撃の隙を与えず、東海大菅生が5対1でベスト4進出を決めた。

 この試合、東海大菅生は3番手で登板したエース・本田の活躍で流れを変えたといってもいいだろう。
 6回途中からマウンドに上がり、駒大高打線をシャットアウトでピンチを脱した。指揮官の若林監督は、このリリーフについて「あれくらい当たり前ですよ。流れを変えてくれないと、背番号1を付けている意味がないです」と変らず本田には厳しい評価だが、エースの役割を果たしたことは紛れもない事実だ。

 強烈なインステップから角度を付けたボールを投げ込む。この試合でも、持ち味を全面に出したピッチングだったが、春先に比べるとボールのキレが増して、伸びのあるボールがキャッチャーミットに吸い込まれているのが印象的だった。その点に関しては、バッテリーを組む福原 聖矢も「春先よりもキレが良くなっています。だから多少甘くなってもファウルになったり、打ち損じてくれるので組み立ても楽です」とエースの進化を落ち着いた様子で語る。

 投げている本田も「今日は調子が良かったですし、気持ちも入っていました。それもあって、指先にボールをしっかりとかけられて、自信をもって投げられました」と時折笑顔を見せながら自己分析する。その上で、ストレートの進化は地道な努力の成果だと話す。

 「冬場から取り組んできたこと、特にリリースをする際に、しっかりと中指を立てて投げられるように継続してやってきました。それが夏になって習得出来ていたんだと思います」