この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

日大三・矢後 人生初の9回完封で八王子を下す!明暗を分けた初回の攻防



日大三・矢後 和也

 2回戦はともに打ち勝った八王子日大三。打ち合いになることが予想されたが、試合の前半は投げ合いであった。そうした中で重要だったのが、初回の攻防である。日大三はエースの矢後 和也八王子は背番号3ながら1、2回戦でも先発している片山 悠真が先発のマウンドに立った。

 1回表日大三は1番・大川 智矢がファーストストライクをしっかりとらえ、右中間に二塁打を放つ。大川は2番・藤巻一洸の犠打で三塁に進み、ワイルドピッチで生還した。

 その裏八王子は1番・手島 英雄が四球で出塁したものの、あっさり二死。4番・星野 翔太の右前安打で一、二塁となり、5番・片山の右前安打で手島は本塁を突いたが、日大三の右翼手・藤巻からの好送球でアウトになった。ともに先頭打者が出たものの、しっかり送って、得点を入れた日大三と、あっさり二死となり、安打が続いたものの本塁で刺された八王子。この初回の攻防が重くのしかかった。

 日大三の矢後は、「立ち上がりはコントロールが悪かったですが、中盤からは内、外に投げ分けることができました」と語るように、投球が安定してきた。八王子の片山も、身長184センチのがっちりとした体格から重量感のある球を投げ、日大三打線を抑える。

 しかし片山は、2回戦では6回に突然乱れたが、この試合では5回途中から突然球が浮き出し、二死後、2人続けて四球を出した。そして次の打者にも初球ボールになったところで、もともとのエース・星野と交代した。片山が中盤に突然乱れることについて八王子の安藤徳明監督は、「体力の問題です。実はヒザの手術をして、半年くらい歩けない時期もありました。そのため、夏のメンバーにも入っていません」と語る。

 それでも、中盤まで抑えれば、後はドラフト4位で西武に指名されたものの、故障続きだった羽田 慎之介に代わり、春以降は事実上エースだった星野がいる。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています