南部が劇的な逆転勝利



代打で逆転弾を放った鎌倉航太(南部)

 南部高野山の一戦は最後まで目が離せない息詰まる大接戦となった。

 南部は背番号20ながら秋は主戦として活躍した左腕の鎌倉 海斗(3年)が先発。2回に3四死球と制球を乱して押し出しで先制点を許すが、それ以外の回は低めを丁寧に突く投球を見せ、4回1失点と踏ん張りを見せる。

 一方の高野山はアンダースローの塩路丈瑠(3年)がスライダー、カーブ、ツーシームを駆使して南部打線を翻弄。4回まで許した安打は内野安打1本と完璧に近い投球を見せる。

 攻撃の流れを作りたい南部は5回から登板した三木翔太(3年)が二死三塁のピンチを凌ぐと、その裏に二死一、二塁と一打同点のチャンスを作る。ここで9番の奈良勇夢(3年)がレフト前に適時打を放って試合を振り出しに戻した。

 拮抗する試合の中で先にリードを奪ったのは高野山。7回表に二死二塁から4番・出羽創大(3年)の中前適時打で勝ち越しに成功する。

 このまま終わりたくない南部は二死から1番・湯川友貴(3年)がセンター前への安打で出塁。ここで矢野健太郎監督は代打に鎌倉航太(3年)を送る。本来は正捕手だが、肘を痛めて控えに回っていた鎌倉航。1ボールからのインコースのストレートを振り抜いた打球はレフトスタンドに突き刺さる逆転2ランとなった。鎌倉航はこれが高校通算6本目の本塁打だが、そのうち4本が公式戦での本塁打。抜群の勝負強さを誇る男の一振りで試合をひっくり返した。

 リードを奪った南部はショートからピッチャーに回った周家一磨(3年)が最終回を無失点で締め、ベスト8進出を決めた。

 「いつもより粘り強く守ってくれたと思います」とディフェンス面を高く評価した矢野監督。今年は負けず嫌いな気持ちを持った選手が多く、練習試合でも逆転勝ちが多いのだという。

 翌日の準々決勝では智辯和歌山と対戦する。「夏に甲子園に出るのが一番の目標ですが、その前に春で狙って一番を獲らないと夏は無理だと思っているので、全力でやろうと思っています」と矢野監督は勝利への意欲を見せた。昨秋の新人戦では智辯和歌山に2対0で勝利しており、その再現といきたいところだ。

 高野山は塩路が好投を見せたが、一発に泣いた。これが公式戦初完投だったサブマリンは「スタミナを上げていきたいです」と夏に向けての課題を挙げた。制球力の高さと緩い球を活かした投球術には光るものがある。夏での飛躍に期待したい。

(写真=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。