打撃好調の南部が5回コールドで近大新宮を下す

 秋3位の南部近大新宮を5回コールドで破ってベスト8を決めた。

 近大新宮は右横手投げのエース・川口朝光(2年)、南部は背番号11の左腕・鎌倉 海斗(3年)が先発。両投手ともに初回は三者凡退と上々の立ち上がりを見せる。

 試合が動いたのは2回表、南部が一死一、三塁のチャンスを作ると、鎌倉 海斗の双子の弟で捕手の7番・鎌倉航太(3年)が左前適時打を放ち、先制点を挙げる。その後、二死満塁となり、1番・湯川友貴(3年)の中越え適時三塁打で3点を追加。南部がリードを4点に広げた。

 2回に4点を失った川口だが、それ以降はテンポの良い投球を取り戻して3回、4回はそれぞれ三者凡退に切って取る。反撃したい近大新宮だが、鎌倉兄弟の息の合ったバッテリーに翻弄されて4回までわずか1安打と反撃の糸口を掴むことができない。

 追加点が欲しい南部は5回表、エンドランやセーフティバントでチャンスを広げて無死満塁とすると、3番・三上貢世(3年)の中越え3点適時三塁打で追加点を挙げると、続く尾田優吾(3年)も適時二塁打を放ち、リードを8点に広げる。

 近大新宮はここで投手を左腕の清岡虎二郎(2年)にスイッチするが、南部の流れを止めることができない。走者を溜めて二死満塁とすると、9番・奈良勇夢(3年)に中越え3点適時三塁打を浴びて追加点を許してしまった。

 5回裏に2点以上返さないとコールド負けが決まってしまう近大新宮はこの回から登板した南部2番手の三木翔太(3年)から先頭の6番・小杉和志(3年)が四球を選んで出塁。一死から8番・榎本悠一郎(2年)が放ち、走者を得点圏に進めると、続く清岡の右飛で小杉が三塁に進み、二死一、三塁とする。ここで1番・水光巧(3年)が詰まりながらも右翼手の前にポトリと落ちる適時打を放ち、1点を返す。しかし、続く田中楓芽(3年)が左飛に倒れて試合終了。南部が3季連続で8強に進出した。

 3本の3点適時三塁打と効果的に得点を重ねて圧勝した南部。矢野健太郎監督は「できすぎ。よく打ってくれたと思います」と打撃陣を称賛した。準々決勝ではセンバツ8強の市立和歌山と対戦する。強敵との対戦だが、打線の調子が維持できれば面白い戦いができそうだ。

(文=馬場 遼)