智辯和歌山が髙嶋の一発などで近畿大会出場に王手



2回に3点適時二塁打を放った平田晃将(智辯和歌山)

 6季連続の甲子園出場を目指す智辯和歌山が和歌山商を下して、近畿大会出場に王手をかけた。

 試合は序盤から智辯和歌山ペースで進んだ。1回裏、1番の細川 凌平(2年)が四球で出塁すると、続く綾原 創太(2年)の2球目に盗塁を決めて、二塁に進む。ここで綾原が左前適時打を放ってまずは1点を先制。さらに二死後から5番・川上 珠嵐(2年)の左越え適時三塁打で追加点を挙げた。

 智辯和歌山は2回にも二死満塁から3番・平田 晃将(2年)の走者一掃となる中越え適時三塁打で3点を追加。さらに4番・徳丸 天晴(1年)、5番・川上にも適時打を飛び出し、県立和歌山商先発の松尾英聖(2年)をノックアウトした。

 そして3回には髙嶋仁名誉監督の孫である髙嶋 奨哉(1年)が代打で登場。3-1から和歌山商2番手左腕・宮田 率生(1年)が投じた高めのストレートを振り抜き、左翼席へソロ本塁打を放った。公式戦ではこれが初本塁打。これまでも得意な左投手相手に代打起用されることが多かったようで、「いつでも打てる準備をしてきたので、良かったです。このまま打ち続けてレギュラーを掴みたいです」と笑顔で話してくれた。



代打本塁打を放った髙嶋奨哉(智辯和歌山)

 3回までに智辯和歌山が8点のリードを奪って、このままコールドで試合が決まるかと思われたが、宮田率を打ち崩せずに追加点を奪うことができない。投手陣は矢田 真那斗(2年)、大林 優平(2年)と繋いで、5回までは無失点で抑えたが、6回に登板した池田 泰騎(2年)が誤算だった。二死一、二塁から4番・宮田 樹(1年)に左前適時打を浴びると、5番・池田光我(2年)、6番・加瀬田賢志郎(1年)にも適時打を許して4失点。昨秋はセンバツ出場の立役者になったが、この試合では苦戦を強いられた。

 智辯和歌山にとっては嫌な流れとなったが、7回から登板した小林 樹斗(2年)が3回を無失点に抑えて、何とか逃げ切った。序盤の先制攻撃は見事だったが、相手投手が代わってから打線が湿ったのは少し不安要素か。これから対戦相手のレベルが上がった時に対応力を発揮できるかが、センバツ出場を勝ち取れるかどうかのカギとなりそうだ。

 敗れた県立和歌山商は選手17人ながら、攻守にまとまりのある野球を見せていた。6回1/3を1失点に抑えた宮田率の好投と無失策の守備は明るい材料。春以降も上位進出の可能性を感じさせた。

(写真=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。