日高がシード校の近大新宮を下す



近大新宮2番手の新川祐貴

 昨夏の独自大会4強の日高がシード校の近大新宮に競り勝った。

 先制したのは日高。1回裏に二死二塁のチャンスを作ると、4番・新野 裕馬(3年)の中前適時打で1点を奪う。

 近大新宮は3回表、二死一、三塁から3番・山崎 雄大(3年)の中前適時打で同点に追いつくが、その裏にまたも新野が適時打を放ち、再び1点を勝ち越す。

 4回、5回は両校無得点に終わり、2対1と日高の1点リードで前半を終えた。日高のエース・巽 耀蔵(3年)が183㎝の長身から曲がりの大きな変化球で相手打線を翻弄すると、近大新宮の先発で背番号10の三田(3年)も右横手投げから丁寧な投球を見せ、凡打の山を築く。ここまではロースコアの好ゲームという印象だった。

 早めに追いつきたい近大新宮は6回表に先頭の山崎が四球で出塁。続く山下 慎(3年)は空振り三振に倒れるが、そのボールがバッテリーエラーとなり、山崎は一気に三塁を狙う。日高の捕手・片山 将希(2年)は三塁に送球するもこれが悪送球となり、山崎が生還。相手のミスで同点に追いついた。

 試合は同点のまま8回裏に突入。日高は先頭の3番・中野 偉心(3年)が遊撃手のグラブを弾く内野安打で出塁すると、近大新宮は背番号1の左腕・新川 祐貴(3年)をマウンドに送る。しかし、新川は新野に四球を与えて無死一、二塁とピンチを広げてしまう。日高は続く巽がキッチリ犠打を決め、一死二、三塁とチャンスを拡大させる。ここで6番の片山が「初球を絶対に振ってやろうと思っていました」と1ボールから内角寄りのストレートを捉え、打球はレフト前へ。この当たりで三塁走者の中野が生還し、勝ち越し点を挙げた。

 9回表も簡単に二死となり追い込まれた近大新宮だが、7番・田原 壮真(3年)が左前安打を放つと、盗塁を決めて二塁に進む。一打同点の場面で主将の8番・大泉 颯冬(3年)が打席に立つが、二塁ゴロに倒れてゲームセット。日高近大新宮を振り切った。

 主将も務めるエースの巽は「シード校に勝てて本当に嬉しいです。3、4番の打つべき人が打って、僕もエースとしての仕事ができたと思います」と嬉し涙を流しながら話してくれた。シード校に勝利したことで、このまま勢いに乗ることができるだろうか。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。